本文へ移動

コンドミニアム購入情報

中古コンドミニアムのご購入までの流れ

 
中古コンドミニアム購入の流れをご説明致しますので、ご参考下さいませ。しかし、若干、コンドミニアムのお部屋のオーナーにより異なる場合も御座いますので、実際のお部屋毎のオーナーに確認する事になります。
 

⑴お問い合わせ

ご予算等のご条件をメール等でお知らせ頂きましたら、ご条件に近いコンドミニアムのお部屋情報リストをお送り致します。
 

⑵ご内覧予定

ご見学ご希望のお部屋が御座いましたら、ご希望のご内覧日をお知らせ下さいませ。ご内覧は、無料で弊社のお車でご案内させて頂きます。しかし、賃貸で借りているお客様がいる状態で、売りたいオーナーもいますので、その場合は、お部屋のご見学が出来ない場合が御座います。
 

⑶お部屋の最終交渉

ご内覧後、ご希望のお部屋が御座いましたら、もしご条件等で何かご希望が御座いましたら、オーナーと最終交渉を行い、最終のお部屋詳細をお知らせ致します。
 

⑷お部屋の購入ご予約

ご提示したお部屋の詳細で、お部屋のご購入を進めらる場合は、オーナー希望額の予約金をお客様から支払いして頂き、お部屋を押さえる事になります。予約金は、購入価格の5%前後を希望するオーナーが多いですが、オーナーにより異なりますので、予約される前に確認してお知らせ致します。
予約時に、お客様から弊社の手数料も合わせてお支払いして頂く事になります。弊社の手数料は、購入価格の3%になりますが、予約時には、購入価格の1.5%をお支払いして頂きます。残りの1.5%は、登記の名義変更が完了しましたら、お支払い頂く事になります。その後、売買契約書作成の為に、パスポートが必要になります。その他、購入費用の送金の為に、タイの銀行口座開設等にも費用が掛かりますので、コンドミニアム購入で、ご予約をお考えの方は、購入価格の7%~10%ぐらいの費用を、ご予約時にご準備されておいた方が良いかと思います。
 

⑸送金ご準備

予約が完了しましたら、ご予約後15日以内に、日本からタイのお客様の銀行口座に購入価格を送金して頂き、銀行から送金証明書(トートー3)と購入費用を準備して、オーナーとタイの土地局に行き、お支払いと登記の名義変更の手続きを行う事になります。その為、お客様のタイの銀行口座が必要になります。タイの銀行口座は、通常タイのビザが無いと口座開設が出来ませんが、コンドミニアムを購入理由での開設は出来ます。その場合、売買契約書等オーナーのサインが入った書類が必要になりますので、予約後、直ぐにタイの銀行口座を開設されたい方は、少しお時間が掛かる場合が御座いますので、タイの滞在期間に余裕をもって頂いた方が良いです。弊社でのタイの銀行口座開設のお手伝いは、スクンビット33にあるカシコン銀行でご対応させて頂きます。口座開設時に、最低10,000バーツの入金が必要になります。そして、口座開設時に、タイの携帯番号も必要になりますので、ご準備頂く事になります。タイの携帯のご準備で分からない場合は、口座開設前にご相談下さいませ。
 

⑹日本からの送金手配

タイの銀行口座開設が完了しましたら、日本からご自身のタイの銀行口座に海外送金して頂く事になりますが、その場合は、タイのコンドミニアム購入価格は、タイバーツになりますが、日本からの送金手配は、必ず外貨送金を行う必要がありますので、日本円かUSドル等で送金手続きを行って頂く事になります。タイバーツで日本から送金しますと、コンドミニアムの購入費用に使用出来ません。そして、送金額は、コンドミニアムの購入価格を下回らないで、タイの銀行口座に1回で購入価格以上が入金されるように、十分注意して送金するようにお願い致します。海外送金は、為替変動や送金手数料が掛かりますので、その金額が日本からの送金額から引かれても、コンドミニアムの購入価格より下回らないように、注意して送金手続きを行うようにお願い致します。日本から送金を行う時は、コンドミニアム購入の為の理由やコンドミニアム名やお部屋番号や住所も必ず記載して頂く事になります。
 

⑺土地局での登記名義変更

送金が完了しましたら、予約されてから15日~20日以内にタイに再度来て頂き、タイのカシコン銀行に行って、銀行から送金証明書を貰い、オーナーに支払う予約金を引いた購入費用のご準備もして頂き、オーナーと土地局に行き、お支払いと登記の名義変更の手続きを行います。そして、土地局で登記の名義変更に掛かる税金と手数料(2.5%)の費用もお支払いして頂きますので、この費用のご準備もして頂きますが、税金は、購入価格や広さやオーナーの所有年数等で、税金額が決まって来ますので、予約後、土地局に確認してお知らせする事になります。また、この費用は、オーナーと折半になる場合が多いですが、オーナーにより異なりますので、この件も予約時に確認してお知らせする事になります。土地局での手続きは、丸1日掛かる場合もありますので、お時間に余裕を持って日程調整をする必要があります。そして、弊社の残りの手数料、購入価格の1.5%もこの時に頂く事になりますので、ご準備の方、宜しくお願い致します。
 

⑻コンドミニアム購入手続き完了

土地局で登記の名義変更が完了しましたら、土地局から新しいオーナー名の記載のある権利書と登記簿帳を貰い、お部屋の鍵を前オーナーから受け取り、はれてお部屋の新しいオーナーとなります。その後は、コンドミニアムの管理事務所で、オーナー変更と水道の名義変更を行います。また、電気局に行き名義変更も行う事になりますが、もし、お客様の方で、電気局に行くのが面倒な場合は、お客様から委任状を頂きましたら、弊社の方で、名義変更を行う事は可能です。
 

プレビルド・新築コンドミニアムのご購入までの流れ

新築コンドミニアムや、プレビルドコンドミニアム(まだ販売している状態で、コンドミニアムが完成していない物件)の購入は、建設会社のデペロッパーから購入する事になります。その為、購入方法は、色々なケースが御座いますが、一般的な場合の流れをご説明致します。
 

⑴お問い合わせ

ご予算等のご条件をメール等でお知らせ頂きましたら、ご条件に近いコンドミニアムのお部屋情報リストをお送り致します。
 

⑵ご内覧予定

ご見学ご希望のお部屋が御座いましたら、ご希望のご内覧日をお知らせ下さいませ。ご内覧は、無料で弊社のお車でご案内させて頂きます。しかし、プレビルドは、ショールームがある場合と無い場合も御座いますので、事前に確認してお知らせ致します。
 

⑶お部屋の最終交渉

ご内覧後、ご希望のお部屋が御座いましたら、もしご条件等で何かご希望が御座いましたら、デペロッパー側と最終交渉を行い、最終のお部屋詳細をお知らせ致します。
 

⑷お部屋の購入ご予約と頭金の送金

ご提示したお部屋の詳細で、お部屋のご購入を進めらる場合は、プレビルドコンドミニアムの場合は、デペロッパーから提示された予約金、又は頭金をお客様から支払いして頂き、お部屋を押さえる事になります。予約金は、デペロッパーにより異なりますが、10万バーツ前後ぐらいの金額の所が多いです。そして、予約金は、現金でお支払いして頂く場合と、海外送金でお支払いして頂く場合が御座います。頭金は、予約金と同時に一括でお支払いして頂く場合と、予約後、物件の完成まで分割でお支払いして頂く場合が御座います。こちらも各デペロッパーにより異なりますが、頭金は、購入価格の10%~20%の所が多く、こちらは、海外送金でデペロッパーのタイの銀行口座にお支払いして頂く事になります。新築コンドミニアムの場合もデペロッパーにより異なりますが、予約時に予約金を現金でお支払い頂く場合は、予約金以外の購入残金は、海外送金でお支払いして頂きます。予約金も海外送金でお支払い頂く場合は、予約金と購入金額の残金を全て海外送金でお支払い頂く事になります。タイのコンドミニアム購入価格は、タイバーツになりますが、日本からの送金手配は、必ず外貨送金を行う必要がありますので、日本円かUSドル等で送金手続きを行って頂く事になります。タイバーツで日本から送金しますと、コンドミニアムの購入費用に使用出来ません。日本から送金を行う時は、コンドミニアム購入の為の理由やコンドミニアム名やお部屋番号や住所も必ず記載して頂く事になります。送金が完了しましたら、日本から送金控えをお送り頂きます。
予約時に、お客様から弊社の手数料も合わせてお支払いして頂く事になります。弊社の手数料は、購入価格の3%になりますが、予約時には、購入価格の1.5%をお支払いして頂きます。残りの1.5%は、登記が完了しましたら、お支払い頂く事になります。コンドミニアム購入で、ご予約をお考えの方は、現金で予約金をお支払いして頂く場合も御座いますので、購入価格の10%ぐらいの費用を、ご予約時にご準備されておいた方が良いかと思います。
 

⑸物件完成後の最終購入価格の送金(プレビルドコンドミニアムの場合)

こちらは、プレビルドコンドミニアムの場合になりますが、予約金と頭金のお支払いが完了して、物件が完成してお引き渡しが可能になりましたら、残りの購入価格を頭金と同じように、日本からデペロッパーの銀行口座に海外送金してお支払いして頂きます。頭金の時と同じですが、タイのコンドミニアム購入価格は、タイバーツになりますが、日本からの送金手配は、必ず外貨送金を行う必要がありますので、日本円かUSドル等で送金手続きを行って頂く事になります。タイバーツで日本から送金しますと、コンドミニアムの購入費用に使用出来ません。そして、送金額は、最終の残りの購入価格を下回らないで、送金されるように十分注意して送金するようにお願い致します。海外送金は、為替変動や送金手数料が掛かりますので、その金額が日本からの送金額から引かれても、コンドミニアムの購入価格より下回らないように、注意して送金手続きを行うようにお願い致します。日本から送金を行う時は、コンドミニアム購入の為の理由やコンドミニアム名やお部屋番号や住所も必ず記載して頂く事になります。送金が完了しましたら、日本から送金控えをお送り頂きます。
 

⑹土地局での登記

残りの購入価格の送金が完了しましたら、送金控えを送り頂き、デペロッパー側に送り、デペロッパーが土地局での手続きの書類の準備を行います。準備が出来ましたら、お客様にタイに来て貰い、デペロッパーに行き、最終の書類の確認等を行う事になります。書類の準備が完了しましたら、土地局に行き登記の手続きを行う事になります。土地局での手続きは、丸1日掛かる場合もありますので、お時間に余裕を持って日程調整をする必要があります。そして、弊社の残りの手数料、購入価格の1.5%もこの時に頂く事になりますので、ご準備の方、宜しくお願い致します。
コンドミニアム購入に伴い、タイの銀行口座の開設を行いたい場合は、デペロッパー側の提携の銀行で口座開設は可能ですので、予約時か登記を行う時に、デペロッパーに行く時に開設手続きを行う事になりますので、ご希望をお知らせ頂きましたら、銀行口座開設の手続きのお手伝いを致します。口座開設時の場合、最低口座開設入金額(通常10,000バーツぐらい)がある場合が多いです。そして、口座開設時にタイの携帯番号も必要になりますので、ご準備頂く事になります。タイの携帯のご準備で分からない場合は、口座開設前にご相談下さいませ。
 

⑺コンドミニアム購入手続き完了

土地局で登記が完了しましたら、土地局から権利書と登記簿帳を貰い、お部屋の鍵をデペロッパーから受け取り、はれてお部屋のオーナーとなります。その後は、コンドミニアムの管理事務所で、初年度の1年分の管理費の支払いと、修繕積立金(新築の初年度は通常請求されます。)の支払いを行い、水道メーターと電気メーターの設置費の支払いも行います。
 

コンドミニアム購入の注意点とアドバイス

タイのコンドミニアム購入の手続きは、上記に記載した流れになり、注意点も上記にも記載していますが、こちらには、注意点とタイのコンドミニアムに関する事を記載致しますので、ご参考下さいませ。
 
●タイのコンドミニアムを大きく分けますと、2つの部類に分かれます。1つは、初めから外国人向けに貸し出す目的で購入したり、お金持ちのセカンドハウス的にご自身で使用する為に購入する高級コンドミニアムと、もう1つは、一般のタイ人がご自身で使用する為に、購入するコンドミニアムに分かれます。金額的に大きく分けますと、1つ目は、500万バーツ以上で、2つ目は、500万バーツ以下の物件になります。
外国人の投資家さんの場合は、どちらともいますが、日本人の方は、500万バーツ以下をお探しの方が多い傾向があります。タイは、土地は、外国人は購入出来ませんが、コンドミニアムは購入出来ます。しかし、外国人が土地を購入したい場合は、タイで会社を作って法人名義でしたら、現在の所、土地も購入出来ます。
 
●タイのコンドミニアムは、外国人が購入できる枠が決まっています。建物全体の49%まで外国人が購入出来ますが、既に外国人が49%購入しているコンドミニアムは、それ以上は、外国人は購入出来ない事になります。その為、コンドミニアムのお部屋が売りに出ていても、タイ人しか購入できない場合もありますが、エリアにもよりますが、現在の所かなり稀なコンドミニアムになります。
 
●3種類の購入方法のコンドミニアムがあります。建築前から販売して、完成までは、頭金を支払い完成時に残金を支払い購入するプレビルドコンドミニアム。プレビルドで売れ残ったり、完成して直ぐに一斉に販売する新築コンドミニアム。既に購入したオーナーが居て、そのオーナーから転売して購入する中古コンドミニアム。それぞれ購入時の流れが若干異なります。
 
●外国人がタイでコンドミニアムを購入するには、パスポートの提示と海外送金を行い購入する事になります。必ずタイの銀行にタイ国外から外貨で送金して銀行から送金証明書を貰い購入手続きを行う事になります。この時に、為替変動と送金手数料に注意して、購入価格を下回らにように送金を行う必要があります。
 
●タイのコンドミニアムの売買価格は、土地の価格の上昇に伴い、数年前からかなり上がっていますが、賃貸の家賃相場は、ここ10年間でそれ程上がっていません。物件によっては、賃貸価格が下がっているコンドミニアムもあります。その為、賃貸で貸し出し投資目的で購入する方は、以前に比べると少なくなっている感じがしますが、売買価格は下がっていませんので、将来転売を考えて、購入する方は、今もかなり多い状況です。実際にタイの土地の価格は、まだ上昇を続けています。
 
●賃貸で貸して投資目的で購入されたい方は、駅近コンドミニアムや外国人が多く住むエリアを購入される事をお勧め致します。それ以外のコンドミニアムを購入されますと、賃貸で貸すのがかなり難しい状況だと思います。外国人が多いエリアでも、かなり物件が増えていますので、駅から離れていると長く空いたままになる事も予想されます。
 
●外国人に貸すコンドミニアムとして、2つありますが、1つは、駐在員等の家賃補助のある方に貸すコンドミニアム。もう1つは、家賃補助のない方が、ご自身で家賃を支払い借りるコンドミニアムになります。駐在員等の方に貸す場合は、会社の予算がありますので、1ベットルーム、2ベットルームの間取りで、40,000バーツ~60,000バーツぐらいのお家賃のコンドミニアムが一番貸し易い価格帯です。タイでは、スタジオ(日本では、1ルーム)という間取りが一番安いですが、駐在員等向けで貸す事をお考えでしたら、貸すのは、難しい間取りになります。その為、駐在員等に貸し出す目的でコンドミニアムを購入される方は、購入価格もかなり高いコンドミニアムになります。家賃補助の無い方に貸す場合は、10,000バーツ~20,000バーツぐらいの物件が貸し易いです。しかし、外国人は、駅近のみを探す方が多いですので、駅近を購入しないと外国人に貸すのは難しいかと思います。そして、家賃補助の無い方は、不動産会社を通さず、個人で歩いて探す方も多く、賃貸のお客様を探す方法として、不動産会社のみに託さず、各コンドミニアムの管理事務所や受付や守衛に空き情報を託して、賃貸のお客様を探すオーナーも多いです。また、現在、コンドミニアムのお部屋を管理して、メイドサービス等の手配をして、日系不動産会社に貸し出し情報を流して、ご紹介している業者もありますので、そのような業者に、お部屋の賃貸を託す事も良いかと思います
 
●購入後、転売をお考えの方は、購入後、5年以内に転売されると、登記の名義変更時に、売買価格の3.3%の税金が追加で掛かります。その為、購入後5年以降に転売される方が良いかと思います。
 

お問い合わせ

2020年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
紅樹株式会社
10/6 Soi Sukhumvit 39(Phromphong), Klongton-Nua, Wattana, Bangkok 10110
TEL:+662-662-4488~9
       : +662-262-0304
FAX:+662-261-8190
           sales@kauju.co.th
------------------------------
・アパート・コンドミニアム・サービスアパート等の賃貸物件紹介斡旋
・オフィス賃貸物件紹介斡旋
・コンドミニアム売買斡旋
・各種サービス(日本のテレビ、インターネット、浄水器等)の手続代行及び業者紹介
・コンサルタント業者紹介
・その他、お客様が求める情報の提供及び手続代行
------------------------------
8
6
9
6
9
3
TOPへ戻る